AGAとそのチェック

生え際とてっぺんから攻めてくるAGA

AGA(Androgenetic Alopecia)は男性型脱毛症という名前の通り、
男性の3人に1人が発症するという進行性の脱毛症です。

 

 

 

男性型と名前が付いていますが、これは男性ホルモンに起因しているので
こう呼ばれるだけで、女性の発症者も珍しくありません。

 

男性の場合、前頭部(生え際)の後退と頭頂部の薄毛が進行していくのが典型的なパターンです。
一方、女性の場合は前頭部から頭頂部にかけて、中央の部分から禿げてくるパターンが多いようです。

 

AGAになりやすいかなりにくいかは、男性ホルモン受容体遺伝子が関わっていると考えられており、
この遺伝子の働きによって髪が抜けやすくなるといわれています。

 

そして、AGAの最も大きな原因となっているのがDHT(ジヒドロテストステロン)です。
これは男性ホルモンの一種、テストステロンの代謝物で、髪の成長を阻害することが分かっています。

 

遺伝子検査で分かるAGA

DNA配列を解析することで、DHT(ジヒドロテストステロン)に対する感受性が分かり、
AGAかどうか、あるいはなりやすいか、なりにくいかということが判別できます。

 

 

 

検査では、髪を10本ほど抜いて解析を行いますが、DHTに対する感受性が強ければ
AGA(またはなりやすい)、感受性がなければならないということが判断できます。

 

有効な治療法を見極めるために、クリニックなどではよく行われている検査です。

 

 

ヘアマックスはAGAに対する発毛効果が実証されています。

 

関連ページ

薄毛のメカニズム
髪が薄くなる仕組みについて。薄毛は髪の成長サイクルに原因があります。
クリニックでの脱毛治療
クリニックで行われているAGAなどの脱毛症治療について。
ポラリス NR-10について
管理人がヘアマックスと併用している育毛剤ポラリス NR-10について。
 
使い方 FAQ 臨床試験について 購入と保証 育毛の豆知識